この言葉にとても助けられました

こんにちは、「たくする」営業担当の米澤です。全国各地で梅雨が明けていよいよ夏本番。「今年1番の暑さです」と聞かない日はないくらいですね。

 

今回は、今でも自分の中に大事にしている「言葉」について、書きたいと思います。

 

初めての出産の時。当時の担当医は、淡々とお話をする落ち着いた感じの男の先生でした。先生とは妊娠中から出産後までなかなかお話をする機会がありませんでしたが、退院の時に私に「これから大事に育ててください」と念を押すように言われました。

「ん?それって当たり前なこと。わざわざ言わなくてもわかっています。もちろん大事に育てます」

 

その時はそう思いました。でも、ずっと自分の中でその当たり前な言葉が頭に残っていました。そして子育てをしていくうちに子供は成長し、かわいいだけじゃなく腹が立ったり、思い通りにいかなくてイライラする時も出てきました。怒って、そのあと反省の繰り返し。

 

そんな時になぜか「大事に育ててください」という言葉が頭に思い浮かぶのです。そして「果たして、私は大事に子供を育てられているのだろうか」と思い返すのです。「大事に育てるって何?どういうことが大事に育てるっていうこと?」といろいろ考えます。いったん立ち止まり考えることで、冷静になり、気持ちを切り替えることができます。

 

今も3人の子育てに毎日忙しく、時間にも気持ちにも余裕もない時がありますが、子育てをする上で、この「大事に育ててください」という言葉をたまに思い出し、心を落ち着かせられるようになりました。この言葉にとても助けられ、日々楽しい子育てにつながっています。

 

母である以上、しっかり子育てすることは当たり前ですが、自分の中で何かを思い、考えながら子育てすることが大切ではないかと思います。

このサイトをフォローする!

【無償配布】ひょうご・神戸の食のご縁「親子で楽しくアレンジ!管理栄養士の食育レシピ♪」

神戸女子大学家政学部の安田敬子先生に監修いただき、安田研究室のゼミ生考案の48レシピと、ひょうご・神戸の生産者さんを紹介した冊子が完成しました。
A4版48頁と見やすい内容になっています。お子様と料理をされる方、ご興味を持ってくださった方、無償でお送りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です