片づけが苦手だった私


掃除・洗濯・料理の家事の中で特に掃除や片づけが苦手だった私。

三人の子育て、地域での子育て支援活動など忙しさを言い訳に、片づけをスルーしてきました。

家が片づいていないから、探し物に費やす時間、在庫の管理も難しく同じものを無駄に買っていたことにうんざりして、自己嫌悪になることもよくありました。

整理収納講座を受けるきっかけ

こんな状態を何とかしたい…と思いながらも「どうせ私は片づけできないから」と諦めていました。ところが、昨年(2020年)、新型コロナウイルスの影響で、家で過ごす時間が増えて、家の片づけをしようかなと思うようになりました。さらにちょうどその頃、私の両親が認知症になり施設に入ることにもなり、実家の片付けもするようになりました。

時間を掛けても片づけが進まない状態が続き、もっと効率よく片づける方法を知りたいと思い、整理収納アドバイザー2級を受講しました。

講座を受けて変わったこと


講座では、「基本的な整理の考え方」「物との関わり方」「実践的な収納方法」などを学び、実際にその通りに片づけをしてみると、なかなか進まなかった片づけがうまくできるようになりました。さらに、今まで私が持ち続けていた片づけに対する苦手意識が変わり、すっかり「片づけが楽しい♪」と思えるようにまで変わっていきました。

「もっと早く整理収納の講座を受けておけばよかった・・・」と後悔もしましたが、「これからの暮らしが楽になる!」と、今まで心の中にあった片づけ出来ないモヤモヤが無くなり、前向き気持ちになれたのがとても嬉しかったです。

家族にも変化が

私が片づけ好きになったことで、一番喜んでくれたのは家族です。

今まであまり片づいていない家で、何か物を出す時も、探す時間と手間がかかりストレスを感じていたと思います(ゴメンね・・・)

私が家の片づけをするようになってから、「ここの引出し使いやすくなっている」「何かスッキリ片づいて気持ちがいいね」と反応も良く、家族の共有部分だけでなく、子ども達も自分が使うタンスの引出しや机も進んで整理整頓してくれるようになりました。

整理収納アドバイザーを目指す

よく「片づけで人生が変わる!」と書いてあるブログや本があります。私も本当にそう思います。掃除・洗濯・料理全ての家事が整理収納とつながっているので、普段の家事も楽になりました。そして、家族も片づけしやすい仕組みができたので、暮らし全体が心地よく感じるようになりました。

こんなに良い効果をもたらす整理収納をもっと多くの方に知ってほしいと思い、次は整理収納アドバイザー1級を目指しました。初めは私にアドバイザーができるのかな?と不安に思いましたが。しかし、1級の講座や他の勉強会にも参加し知識と実践を積み重ねていくうちに、自分でも出来る自信が付きました。そして2021年1月に念願の1級を取得しました。

アドバイザーとしての幅を広くしたいと思い、「時短家事コーディネーター」や「親子片付けインストラクター」の資格も続けて取りました。どの資格も整理収納とリンクしていて、仕事と家事の両立や子育てにも役立つもので、これからの講座で活かしていきます。

世間では、もうすでに整理収納アドバイザーのプロの方もたくさんいます。YouTubeやネット・本でも整理収納の方法についてたくさん情報は出ています。私に出来ることは?と考えたとき、自分にあるのは、子育て経験と片づけができなくて悩んでいる方の気持ちが分かること。毎日子育てにがんばっているママ達に寄り添い、身近なことからできる整理収納を伝えていきたいです。

あなたも整理収納講座を受けてみませんか?


「整理収納」や「時短家事」を学ぶことで、心と時間に「ゆとり」ができます。「自分らしく生きたい!」と思いながら、日々の子育て・家事・仕事に追われている女性のみなさん、今の暮らし・家事を見直してみませんか?

「自分の時間」や「家族との時間」を豊かに楽しむことができるように心を込めてサポートいたします。

【託児スタッフ募集】

保育士、幼稚園教諭、子育て支援員、児童相談員、保健師、助産師など子育てに関する資格を有する方、一緒にお仕事しませんか。
子ども達のより良い育ちの環境づくりを一緒に考え実践しましょう!